多治見市の矯正歯科は根本歯科医院/「抜かない」「痛くない」小児子供矯正歯科

顔の成長と歯列不正の関係

 
 
guraf.jpg
 
歯並びが悪くなる原因の多くは6才までの顎(顔の骨)の成長不足で、永久歯が生えてくる場所が足りなくなってしまったためです。成長が足りないまま歯が生えてしまうと、歯並びはガタガタになり、永久歯の数が増えるにしたがって状態は悪くなってしまいます。そのため、正しい成長に追いつくよう、治療してあげる必要があります。